何 里言葉

1882年 4月朝鮮調整は 鬱陵島に日本人が侵入した事件をきっかけで,鬱陵島検察社李堰怨を 東島に派遣してその間の鬱陵島公道政策を捨てて鬱陵島開拓に 取り掛かるようになる.以後 1883年朝日通商章程が締結された後日本 漁船の朝鮮して漁業が本格化されながら鬱陵島に入って来て不法伐木をする 日本人がもっと押しを利かそうとして, 1899年鬱陵島森林伐採圏を持っていた在韓 ロシア公使館が外交文書で大韓帝国外部に抗議して来たし,鬱陵島図鑑(島監)の日本である不法伐採に大韓 中央政府の対策要請まで出るのに至った.

ここに大韓帝国政府は鬱陵島に調査委員を派遣して 日本側と合同調査して日本人の鬱陵島ミルイブも問題に対する対策を 立てるため,1900年鬱陵島視察委員ウヨングゾング(禹用鼎)を代表で監理で(監理署) 注射金兔囚(金冕秀)と釜山海関税理士ラポデ(E.Laporte,羅保得) 及びボングパン(封弁) 金声援(金声遠),主婦山日本府領事アカスカショスケ(赤塚正助)(輔) 及び警部(警部) 1人と一緒にチァングリョングファン(蒼竜丸)に 乗って 5月 31日鬱陵島に到着,6月 1日から 5日間イギリスである税理士 ラポテの立ち会いの下日本副領事アカスカショスケなどと相次いで会同しながら 鬱陵島の実態を調査した

鬱陵島視察 以後, 大韓帝国は 1900年 10月 25日 大韓帝国勅令第41号で '鬱陵島を鬱陶(鬱島)で改称して図鑑を軍需で改正した 件'の官制改訂を断行して 石島(独島)を鬱陶軍需のグァンザングハに置いて これを世界に露した.



勅令祭祀十日号
(勅令第四十一号)
( イメージクリック- 拡大 )
鬱陵島(鬱陵島)を鬱陶(鬱島)で 改称(改称)と図鑑(島監)を 軍需(郡守)で改訂(改正) 件(件).

第一組(第一條) 鬱陵島(鬱陵島)を 鬱陶(鬱島)だと改称(改称)なの 江原道(江原道)に部属(附属)と 図鑑(島監)を軍需(郡守)で改訂(改正)なの 官制中(官制中)に編入(編入)と 軍等(郡等)は五等(五等)で 死(事).

J組(第二條). 郡庁(郡庁) 位置(位置)  台霞洞(台霞洞)で情(定)と 区域(区域)は 鬱陵前も(鬱陵全島) わ 竹刀(竹島) 石刀(石島) を 管轄(管轄)する死(事).

第三組(第三條). 開国五百巳年(開国五百四年) パルワルシブユックである(八月十六日) 官報中(官報中) 官庁事項欄内(官庁事項欄内) 鬱陵島以下(鬱陵島以下) 十九者(十九字)をチェックゴ(冊去)で 開国五百午年(開国五百五年) チックリョングサムシブユックホ(勅令三十六号) ゼオゾ(第五條) 江原道二十陸軍(江原道二十六郡)の 六字(六字) 七者(七字)で改訂(改正)で アンヒョブグンハ(安峡郡下)に鬱陶だね(鬱島郡) 三者(三字)を添入(添入) 死(事).

祭祀組(第四條).警備(経費)(経費)私は 五等君(五等郡)で用意(磨錬)号 現金間(現今間)となると李額(吏額)が 未備(未備)すべてで敍事草創(庶事草創)岐路 ヘドスセズング(該島収税中)で考選(姑先) 用意(磨錬)する死(事).

ゼオゾ(第五條).微震(未盡)下 製造(諸條) 本島開圻(本島開拓)を 数(隨)下野この際(次第) 用意(磨錬) 死(事).

光武巳年(光武圏年) シブワルイシブオな(十月二十五日)
御押(御押) 御璽(御璽) 棒(奉)
チック(勅) ウィゾングブイムシソリチァンゾングネブデシン(議政府臨時署理賛政内部大臣) イゴンハ(李乾夏)



日本側では大韓帝国勅令第41号での 石島がどの 島なのか不明するという理由で大韓帝国は独島を自国の領土で認識するの なかったと主張する.

以下では大韓帝国勅令第41弔意 '石島'がどうして独島なのかに 大韓実証的で日本側が納得するに値する根拠を提示しようとする.

  • 最終更新:2009-03-03 07:25:51

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード