朝鮮国交際始末内探書 獨島問答Q41

 獨島問答 Q41

        2003/12/ 7 22:09 [ No.2685 / 17381 ]
投稿者 :  hangetsujoh

Q41.近代に入り、明治政府は鬱陵島と獨島を継続して朝鮮領とみなしたのか? 明治政府は最初から「征韓論」を採択したが、かれらも鬱陵島と獨島を朝鮮領と認定したのか?

ANS.明治政府も鬱陵島と獨島を朝鮮領と認定した。その証拠に1869-1870年の「朝鮮国 交際始末 内探書」というのが『日本外交文書』第3巻に収録されている。

  1868年1月、日本ではサムライたちが政変を起こし、徳川幕府を打倒し、中央集権的王政をふたたび興して明治政府を樹立したが、明治政府の外務省は新政府樹立直後の1869年12月、朝鮮国との国交拡大再開と「征韓」の可能性を内探するために外務省 高位官吏である佐田白茅、森山茂、齋藤栄などを釜山に派遣した。
  このとき外務省は内探すべき14項目を作成し、国家最高機関である太政官(総理大臣府)に送り許可を受けたが、そのひとつに「竹島(鬱陵島)と松島(獨島)が朝鮮付属になっている始末」を内探せよとの指示事項があった。
  明治政府外務省と太政官は「鬱陵島(竹島)と獨島(松島)が朝鮮付属になっていること」を明瞭に認知していたのである。
  佐田白茅など日本外務省の高位官吏たちが釜山の草梁(倭館)に滞留し情報と資料を入手したが、翌1870年4月に帰国し、外務大臣と太政官に調査結果報告書を提出したのがいわゆる「朝鮮国 交際始末 内探書」であった。
  この報告書は報告項目のひとつに「鬱陵島(竹島)と獨島(松島)が朝鮮付属になっている始末」という項目を設置し、獨島(松島)は鬱陵島の隣島(となりの島)で、二島ともに人の住まない無人島であると指摘し、さらに多く産出する物産の名をあげて報告した。
  この「朝鮮国 交際始末 内探書」は、日本外務省が日帝強占期に刊行した「日本外交文書」第3巻に収録されている。この外交文書を刊行した時期は、日本帝国が敗北するのを予期していない時期である。「日本外交文書」は重要な古文書であり、この日本公文書に「鬱陵島(竹島)と獨島(松島)が朝鮮付属領」であることを認知して記録したのは獨島が韓国領であることを明確に証明する決定的な日本側資料のひとつであると見ることができる。
  なかでも注目すべきは、日本政府の征韓論者たちが韓国侵略・征服に血眼になって当時、無人島である鬱陵島と獨島を侵奪する野欲をいだいて秘密裏に内探、情報収集を開始した事実である。

コメント:「朝鮮国 交際始末 内探書」の原文および読みくだし文は下記にあります。


 質問 2003/12/ 8 23:56 [ No.2687 / 17381 ]

投稿者 :ahirutousagi2

半月城さん、分からない部分についてちょっとお教えいただけないでしょうか。

>そのひとつに「竹島(鬱陵島)と松島(獨島)が朝鮮付属になっている始末」を内探せよとの指示事項があった。

そういう指示事項はどこに出ているのでしょうか。14項目の指令に関する伺い(明治2年)は見ましたが、この部分は見当たりません。私が見落としているのでしょうか。


>明治政府外務省と太政官は「鬱陵島(竹島)と獨島(松島)が朝鮮付属になっていること」を明瞭に認知していたのである。

これは現在の竹島を指すと積極的な確認手段はあるのでしょうか。

また、明治政府はここで何を認知していたのか。あるいは何を認知していなかったのか。そのあたりを正確に知るために上の指令をぜひ確認したいのですが。

>獨島(松島)は鬱陵島の隣島(となりの島)で、二島ともに人の住まない無人島であると指摘し、さらに多く産出する物産の名をあげて報告した。

松島については掲載した資料がないとしているのであり、竹島(鬱陵島)についてのみそう述べているのではないですか(松島がどこを指すかは正確には分かりませんが)。それにしても、素人目に見ても、ちょっとこの「問答」は粗くはないですか。

またリンクしてあった半月城さんの文章への疑問ですが、

>「明治十三年 天城艦ノ松島ニ廻航スルニ及ヒ 其地ニ至リ 測量シ始テ松島ハ鬱陵島ニシテ 其他竹島ナル者ハ一個ノ岩石タルニ過キサルヲ知リ事始テ了然タリ 然ルトキ今日ノ松島ハ即チ元禄十二年称スル所ノ竹島ニシテ 古来我版図外ノ地タルヤ知ルヘシ(竹島考証;注24)」

ここで半月城さんは「報告書で竹島は鬱陵島近辺の「岩石」にされてしまった」としていますが、これは観音岩を指すのではないですか。竹島考証のこの文のまさに2ページほど前に絵地図まで入れて「天城艦乗海軍少尉三浦重郷等廻航ノ次松島ニ至リ測量シ其地即チ古来ノ鬱陵島ニシテ其北方ノ小島ト号スル者アレ共一個ノ巌石ニ過サル旨ヲ知リ多年ノ疑議一朝氷解セリ」とあります。北方にあるとあるだけでなく絵地図で見てもどうみても観音岩ですが。

こういったことはあくまで部分的な話で細かいことでしょうが、ちょっと疑問でしたもので…。全体的な議論はまたいずれ勉強した後にでも。


これは メッセージ 2685 hangetsujoh さんに対する返信です


 RE:質問 2003/12/14 22:20 [ No.2688 / 17381 ]

投稿者 :hangetsujoh

  半月城です。
  ahirutousagi2さんは時代を先回りして質問していますが、とりあえず明治2年の「朝鮮国 交際始末 内探書」について答えることにします。

  愼鏞廈教授が、<「竹島(鬱陵島)と松島(獨島)が朝鮮付属になっている始末」を内探せよとの指示事項があった>と書いた件ですが、

指示した記録文書は今のところ見当たらないようです。

とはいえ、特に一項目を設けてまで松島および竹島の始末を報告したのは、そうした指示事項があったからと常識的に考えられます。

  ahirutousagi2さんは枝葉末節が気になるようですが、たしかに<獨島(松島)は鬱陵島の隣島(となりの島)で、二島ともに人の住まない無人島であると指摘し、さらに多く産出する物産の名をあげて報告した>とある文中の二島の説明は、竹島だけの説明だと思います。


これは メッセージ 2687 ahirutousagi2 さんに対する返信です


 >半月城さん 2003/12/15 2:08 [ No.2690 / 17381 ]

投稿者 :ahirutousagi2

返事をありがとうございました。ただ資料を見て問答文とうまくかみ合わない部分を単純に質問させていただいただけですので理解不足の質問もあったかも知れません。私には結論はなく、これから勉強してみようかという段階です。

>特に一項目を設けてまで松島および竹島の始末を報告したのは、そうした指示事項があったからと常識的に考えられます。

もちろんそうです。しかも、その指示の具体的な内容は日本が朝鮮付属について何を認め、何を認めていなかったかを正確に知る手がかりとなるはずです。ですから問答で「指示があった」とした内容が私の見落とした別のところにあるのかとお尋ねした次第でした。

時代的に見て「竹島(鬱陵島)と松島(獨島)」はそのままに江戸時代から知られていた島を対象に言及したといえるでしょうが(あるいはそのことを私が「時代を先回り」したとご指摘下さったのでしょうか)いずれにしても、政府の指令の意図は確認して置きたいものです。

例えば、この調査は14項目全て朝鮮の内情を探査したものですから、この松島の件も明治政府が「三国接壌図」などを疑問視して朝鮮側の主張を探査させたものに過ぎないともいえるかもしれません。始末原文の「当時」なる言葉も気になるところです。

>ahirutousagi2さんは枝葉末節が気になるようですが、たしかに…

あの問答文はソウル大・愼鏞廈氏のものでしょうが、あれがおそらく韓国人が多く読み受け入れているものであること、氏が名前のある学者であることを考えればもう少し丁寧な書き方をしてもいいのではないかと思い、粗いと書いたのでした。

さて、Q42なのですが、これについてもよろしければ少し教えていただけませんか。

1877年3月20日伺い、3月29日文書は某本に図版があるのですが、「次に一島あり、松島と呼ぶ。周回は30町ばかりで、竹島(鬱陵島、原引用者)と同一線路に在る。隠岐を隔てる80里ばかりである。樹竹は稀である。魚獣を産する」という添付文書がなかなか見当たりません。この添付文書はこれが全文ですか?

これだけではどうも書類と意味が通じにくいですし「次に…」という書き方は「竹島外一島」とは別の島、とも読めなくもないので、確認までにぜひ一応全文を知りたいのですが。どこかのサイトに出ていませんでしょうか。



これは メッセージ 2688 hangetsujoh さんに対する返信です


 始末(追加) 2003/12/15 2:59 [ No.2692 / 17381 ]

投稿者 :ahirutousagi2

半月城さんは、「竹島松島朝鮮附属に相成候始末」原文の「当時は以前の如く」の「当時」はいつのことだと思われますか。


これは メッセージ 2690 ahirutousagi2 さんに対する返信です


 ついで 2003/12/15 4:03 [ No.2694 / 17381 ]

投稿者 :ahirutousagi2

ついでですが、半月城さんのサイトの発言に「明治政府は太政官や内務省、外務省、海軍などが竹島=独島は朝鮮領という認識をもちながら竹島=独島をこっそり領土編入(1905)しました」とあります。本当でしょうか。

例えば、明治16年(1883)の「蔚陵島ニ邦人渡航禁止審査決議ノ件並ニ決済」をみると次のようにあります。


「北緯37度30分東経130度49分の洋中に位する一の島嶼即ち日本称竹島或は松島朝鮮称蔚陵島の儀は往古孰れの所領たる確定せすと雖も我慶長年間宋対馬守より朝鮮政府に照会し所属論を提出したれとも論旨徹せず其後元禄6年より同12年に至る迄7年間数回の往復を経て遂に両政府において其所属論を確定したることは別冊竹島版図所蔵考記載の通りなり」(原文ひらがな→カタカナ)

ここにあるように、日本は極めて具体的な位置を北緯東経で指定しつつ、蔚陵島の所属を明確にしています。松島(独島)はここでは朝鮮領として意識されていないわけですが、ついでに松島もここに含めるという主張でしょうか。同様の把握は明治15年12月諭達案にも見られますが。


これは メッセージ 2692 ahirutousagi2 さんに対する返信です


 始末(追加)訂正 2003/12/15 13:16 [ No.2695 / 17381 ]

投稿者 :ahirutousagi2

>半月城さんは、「竹島松島朝鮮附属に相成候始末」原文の「当時は以前の如く」の「当時」はいつのことだと思われますか。

これの原文は、

「竹島の儀に付ては元禄度後は暫くの間朝鮮より居留の為差遣し置候処当時は以前の如く無人と相成竹木又は竹より太き葭を産し人参等自然に生し其余漁産も相応に有之趣相聞へ候事」(原文ひらがな→カタカナ)

ですが、わたしは「差遣し置候処」「無人と相成」を考えて「当時」が把握しにくかったのですが、そのまま「元禄度後」で意味が通じますね。この質問は取り下げておきます。失礼しました。

ただし、どのような指令がなされたかが具体的に把握できない以上、慎重にあるべきで「竹島松島朝鮮附属に相成候始末」をそのまま政府の認知ともしがたいという考えには変わりありません。



これは メッセージ 2692 ahirutousagi2 さんに対する返信です


 間違えた 2003/12/15 21:31 [ No.2697 / 17381 ]

投稿者 :ahirutousagi2

何度も書き込みすみません。以下の部分は訂正しなければなりません。勉強不足で間違えました。
  -----
ここで半月城さんは「報告書で竹島は鬱陵島近辺の「岩石」にされてしまった」としていますが、これは観音岩を指すのではないですか。竹島考証のこの文のまさに2ページほど前に絵地図まで入れて「天城艦乗海軍少尉三浦重郷等廻航ノ次松島ニ至リ測量シ其地即チ古来ノ鬱陵島ニシテ其北方ノ小島ト号スル者アレ共一個ノ巌石ニ過サル旨ヲ知リ多年ノ疑議一朝氷解セリ」とあります。北方にあるとあるだけでなく絵地図で見てもどうみても観音岩ですが。(2687)
  ------
北と岩につられて観音岩と書きましたが、これはchuk-do、つまり鬱陵島に附属の小島である竹島ですね(独島ではない。)地図を見ても場所でおおよそに判断してしまいました。訂正しておきます。勉強の前に資料から入った失敗です。概論でも見ておかないとだめですね。

本当にいろいろとややこしくてどうも苦労します。何度も書き込み、間違い、申し訳ないです。

さきの「竹島の儀に付ては元禄度後は暫くの間朝鮮より居留の為差遣し置候処当時は以前の如く無人と相成竹木又は竹より太き葭を産し人参等自然に生し其余漁産も相応に有之趣相聞へ候事」については、これは思っていた通り、やはり資料を読む人によって書き下し文が違っていますね。私には誰の解釈が正しいのかわかりません。

また、西洋地図の影響を考えれば、この始末で言及のある松島が現在のどこにあたるかは難しいところであると某サイトでは判断されているようですね。私も最初に疑問符をつけた通りよく分からないところです。基本的には江戸時代から引き継いだ松島という意識であるにしても、それが実質どんな地か、どこにあるか正確にはよく分からない状況だったことでしょうね。

いずれにしてもこれは朝鮮側の考えを探査したに過ぎない可能性があるものであり、内容的にもこれをもって政府の正式見解とすることもできませんので、解釈は枝葉の問題でしょうが。


これは メッセージ 2687 ahirutousagi2 さんに対する返信です


 朝鮮国交際始末内探書 2003/12/16 11:00 [ No.2698 / 17381 ]

投稿者 :henchin_pokoider01

プラグインをインストールすれば、ここで原文が見れるよ。しかし、俺には読めん。


外務省出仕佐田白茅外二名朝鮮国交際始末内探書 A20030236204

對州朝鮮交際取調書/14 竹島一件 B20030301248

隠岐島ヲ距ル西北八十五哩ニ在ル無人島ヲ竹島ト名ヶ島根県所属隠岐島司ノ所管ト為ス A20012002226


これは メッセージ 2697 ahirutousagi2 さんに対する返信です


有難うございます 2003/12/16 12:13 [ No.2699 / 17381 ]

投稿者 :ahirutousagi2

いいサイトをご紹介いただきありがとうございました。朝鮮国交際始末内探書その他一連の資料はすでに日本外交文書をコピーして読んだのですが、探している明治10年3月17日(先日20日と書き間違えていました…)伺書の付属文書(本文は図版が手元にあります)はやはり検索しても出てきませんでした。残念…。

ちなみに資料は「日本海内竹島外一島地籍編纂方伺」の、附属文書です。1877.3.17.よく「次に一島あり、松島と呼ぶ。周回は30町ばかりで、竹島と同一線路に在る…」というのが引用されますが、原文の全文を確認したく思いまして…。


これは メッセージ 2698 henchin_pokoider01 さんに対する返信です


 付属書 2003/12/16 14:01 [ No.2701 / 17381 ]

投稿者 :henchin_pokoider01

過去の半ケツ投稿によると、国立公文書館にあるらしいよ。

『公文録』内務省之部一、明治十年三月十七日条、国立公文書館所蔵(二A一〇―公二〇三二/マイクロリール二五六、一三五〇コマ~)


これは メッセージ 2699 ahirutousagi2 さんに対する返信です


 重ねて感謝 2003/12/16 14:09 [ No.2702 / 17381 ]

投稿者 :ahirutousagi2

重ねて有難うございます。さすがに公文書館までは行く元気がないので、インターネットか近所の図書館で調べられればと思っていたのですが、難しいですね。


これは メッセージ 2701 henchin_pokoider01 さんに対する返信です


 あった 2003/12/16 17:33 [ No.2703 / 17381 ]

投稿者 :ahirutousagi2

「あなたもネット人」という掲示板の中に私の探している原文が半月城さんの紹介でありました。(附属文書の島根県「由来の概略」はあれで全文なのでしょうか。)とにかく、なるほど「外一島」は松島になりそうですね。

この伺いは島根の伺いであるだけに松島をほぼ的確に把握しているように見えますが、あとは政府がどこまで松島の存在を明確に把握していたかですね。西洋の地図の混乱もあったでしょうから、あるいは把握できていなかったのかもしれません。

一旦は松島・竹島は政府で放棄が明確にされたとして、この三年後、軍艦天城を派遣してこの地の海図について結論を出しているわけで、そこでは松島が鬱陵島、竹島が附属の小島(現在のchuk-do)とされました。

その後、1905年の日本編入まで一貫して鬱陵島が「松島」とされ、現在の竹島は「リヤンクール列岩」とされたわけですから、当時の政府の立場としては松島(附属小島「竹島chuk-do」含む)は鬱陵島として朝鮮領土ということには一貫性はあるということでしょうか。

とにかく軍艦天城の派遣までの時期は混乱した時期とせざるをえないのでしょうね。



これは メッセージ 2699 ahirutousagi2 さんに対する返信です


 >あった 2003/12/17 16:13 [ No.2704 / 17381 ]

投稿者 :llllowollll

とっくにお読みになっているかもしれませんが、その辺りの経緯についてはhenchin_pokoider01さんが、一度このトピでかなり詳細にまとめられていました

今探したのですが、986~992までだと思います

もしまだでしたら一度読んでください

ご本人がいらっしゃるのに差し出がましく紹介させてもらいました(笑

これは メッセージ 2703 ahirutousagi2 さんに対する返信です


 >>あった 2003/12/17 21:46 [ No.2705 / 17381 ]

投稿者 :  ahirutousagi2  

どうも有難うございました。消失した邦貴さんのトピは数日前に流し読みしましたが、このトピの方は飛び飛びにしか見ていませんでした。ご指摘いただいたところ早速読ませていただきました。ぜひとも参考にさせて頂きます。

もともと私が今回、竹島問題に興味を持ち書き込みに至ったきっかけは、半月城氏提示のシンヨンハ問答文にどうも前からずさんな印象を受けていたこと、これは信じるに足るのかと疑われて、取り掛かりとして「竹島松島朝鮮附属に相成候始末」から実際に原文にあたってみたことにはじまります。

そして、その過程で竹島考証もざっと目を通しその他の資料にも手軽にすぐにあたれるものだけはあたりました。で、概論程度のものも一切見ずに、資料の確認をまずは目標にしていたため失敗もしてしまいましたが、とにかく、入門レベルですから勉強にはなりました。お騒がせして申し訳ありませんでした。

ただ、これまでの議論でもおそらく提示されていなかったのではないかという部分についても僅かながら自分なりの意見は提示できたかもしれません。私が感じたことをまとめておきます。

①「竹島松島朝鮮附属に相成候始末」で申しますと、

シンヨンハ氏が「あった」と書いていた指令も実はどのような指令であったか資料的には確認できないものであり(勿論指令はあったでしょうが)、また同時になされた一連の指令がどういう内容や傾向の指令であったかも私は注目すべきであると言及しました。

その上で私がこの資料について考えた結論は、指令がない以上、何の報告か正確には分からないのであり、もとよりこうした報告をもって政府の正式見解とすることもできないというものでした。この資料をもって朝鮮領と認めるものでないという立場そのものは内藤正中氏も同様かと思います。

また、私はこの原文が実はとても謎に思われました。私の文章力ではとても理解しにくかったのです。で、確認してみますと、人によって読み下しが異なり、韓国のキンビョンニョル教授などは大変恣意的な解釈をしていることにも気づきました(2700参照)。

②「外一島」の件に関しましては、

本文は図版を見て、附属文書だけは半月城氏の紹介によりましたが、私の印象ではこれは江戸時代から引き継いできた松島を指すと思われました。

そして「この伺いは島根の伺いであるだけに松島をほぼ的確に把握しているように見えますが、あとは政府がどこまで松島の存在を明確に把握していたかですね。西洋の地図の混乱もあったでしょうから、あるいは把握できていなかったのかもしれません」としましたが、こういう意見はすでに今まで指摘された通りです。

一方、私は「とにかく軍艦天城の派遣までの時期は混乱した時期とせざるをえないのでしょうね」と書きましたが、1877-1880年まで政府の方でも松島を正確に把握できていなかったとしなければならないように思われました。別にこの時期に混乱があったからといってどうということもないかと思います。

以上が、今回、私がいろいろと考えさせて頂いた内容です。全くの入門レベルで失礼しました。

これは メッセージ 2704 llllowollll さんに対する返信です


 感心しました 2003/12/18 23:34 [ No.2706 / 17381 ]

投稿者 :  llllowollll  

非常に冷静で厳密にかつ公平に資料を検討したり解釈される姿勢には本当に感心しました

ついつい感情的になって公平な視点を見失いがちになる自分を反省し、見習わせて貰いたいと思ってます

今後ともそういう視点で竹島問題に興味を持ってもらえると嬉しいです

>全くの入門レベルで失礼しました。

とんでもないです。こちらこそ勉強させてください

半月城氏にあなたのような姿勢が少しでもあれば、このトピももっと身のある議論ができて有意義なものになるんでしょうけどね。

これは メッセージ 2705 ahirutousagi2 さんに対する返信です


 llllowollllさん 2003/12/19 0:45 [ No.2707 / 17381 ]

投稿者 :  ahirutousagi2  

赤面の次第です。今回の書き込みは失敗だらけでした。自分としては大いに勉強になりましたが…。竹島問題もどうも簡単ではありません。日本海問題とは比較にならない深さがあります。

また、手の届く範囲でいろいろと調べて見たいと思います。ちなみに私はあまり公平ともいえません。やはり日本側の主張を信じたい気持ちはあります。それを確信するためにまた資料を確認し、韓国の主張を読み、という繰り返しです。まだまだ入門で恥ずかしい次第です。

これは メッセージ 2706 llllowollll さんに対する返信です


 例 2003/12/16 13:42 [ No.2700 / 17381 ]

投稿者 :  ahirutousagi2  

>さきの「竹島の儀に付ては元禄度後は暫くの間朝鮮より居留の為差遣し置候処当時は以前の如く無人と相成竹木又は竹より太き葭を産し人参等自然に生し其余漁産も相応に有之趣相聞へ候事」については、これは思っていた通り、やはり資料を読む人によって書き下し文が違っていますね。私には誰の解釈が正しいのかわかりません。

例をあげておきましょうか。質問は取り下げましたが、かなり解釈が難しいことは確かかと思います。細かい枝葉に過ぎないことでしょうが、私も解釈に振り回されてしまいましたので、ご参考まで。結論としては私は誰の解釈が正しいのかは分かりません。

  --------

①半月城氏引用(シンヨンハ本参考?)

竹島の件に対しては、元禄年度後しばらくの間、朝鮮から居留のため人を派遣したことがある。当時は依然と同じ無人島であった。竹木また竹をはじめとして、大きな葭(あし)が繁茂し、人参などがとれる。それ以外、漁産に適しているとのことである。

②キンビョンニョル教授「独島論争」(原文韓国語)

竹島の件に対しては元禄以後、暫くの間、朝鮮から居留のために借りたことがある。当時は以前のように無人島であった。竹木または竹を始めとして大きい葦が生え人参などが自然に産する。その他、海産物も相応してあると聞いた。

③大西俊輝「日本海と竹島」

竹島については、元禄年度から、その後しばらくの間、朝鮮から居留のため人が派遣されることがあった。だが当(まさ)に今の時代、島は以前の如く、無人の島と相成っている。竹や木が繁茂し、為よりも太い葭も育ち、人参など自然に生ずる。その他、様々な産物に恵まれ、島では漁労の収獲も相当に有りそうだと聞き及ぶ。
  --------
以上のように、三者三様です。どうでもいいことのようでもありますが、ずいぶんと意味も変わってきます。②など特にそうでしょうが、私は②はちょっとないと思います。韓国ではこれが一般の理解なのでしょうか。①は「元禄度後は」の「は」や「処」「相成」の読み下しがどうでしょうか。③は「当時」を現在と読んだもの。

この「当時」というのは元禄以降とも、現在とも、指令の根拠となった何らかの資料の時点を指すとも、いかようにもとれそうです。私には判断不能ですが。

いずれにしても「竹島松島朝鮮附属に相成候始末」という題目ばかりが注目されますが、そもそもこの題目は14種の各種長文の指令についてそれぞれ短く項目ごとに題名をつけて報告したもののうちの一つですから、この一つの短い題名だけを取り上げて政府の考えを推測するには無理があり、指令書きがないと内容についてはなんともいえないように思われます。


今回、初めて竹島問題のいろいろな資料に接してみて、まだ私なりの結論にはいたっていませんが、勉強にはなりました。どうもお騒がせしました。

これは メッセージ 2697 ahirutousagi2 さんに対する返信です

  • 最終更新:2009-02-28 14:05:24

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード