韓国の独島教育 これは人権侵害か

 ソウルで独島体験


独島(ドクト、日本名・竹島)に関する各種資料を集めた「独島体験館」が4日、ソウル駅三洞(ヨクサムドン)国立青少年図書館にオープンした。開館式が終わった後、「独島を守る、独島愛」の子ども会員らが独島の縮小模型を観覧している。「独島体験館」では、独島関連の図書・古地図のほか、映像・写真など約250点の資料を見ることができる。    

中央日報 Joins.com
2009.02.05 14:19:05

063615.jpg


600分の1に縮小した独島


 日本の歴史歪曲の不当性を知らせるための独島(ドクト、日本名・竹島)造形物が13日、ソウル外鉢山洞(ウェバルサンドン)南部循環路交通安全地帯に設置された。江西区(カンソグ)の幼稚園児が造形物の周りで太極旗(テグッキ、韓国の国旗)を揺りながら「独島は韓国の領土」と叫んでいる。この造形物は独島の600分の1のサイズで制作された。

中央日報 Joins.com
2008.08.14 14:07:00

063617.jpg


「切手で歴史学びます」


国内最大切手文化祭りである「2008大韓民国切手展示会」が11日までソウル江南区三成洞COEXで開かれている。今年で51回目を迎える展示会には独島(トクト、日本名・竹島)切手、白頭山(ペクトゥサン)切手、高句麗(コグリョ)切手と光復節に発行される建国60周年記念切手など470種類が展示されている。7日、展示場を訪れた子供たちが1954年に発行された独島切手の拡大本を見ている。

中央日報 Joins.com
2008.08.08 15:58:50

063616.jpg

  • 最終更新:2009-02-28 12:10:11

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード