15364 観念上の日本人

 観念上の日本人

2007/ 2/ 4 8:07 [ No.15362 / 17395 ] 
投稿者 :  ban_wol_seong  
 
  半月城です。

  yukitanhanatanさん、Re:No.15356
>日本人は、日本にとって都合の悪いとかそうでないとか、そんな思いでこのトピックを語っているわけではありません。(ましてかの教授もそうでしょう)
ただ、真実はどうであるかということですよ。

  石島の資料を「2選挙とも自民党系候補が勝てば公開」するという田中邦貴さんは、yukitanhanatanさんが考える「観念上の日本人」に分類されるのでしょうか?

  国際司法裁判所については下記にすでに書いたとおりですが、国際法や国際関係を重視するなら、ICJを云々する時ではありません。国際法学者である芹田氏の論文はお読みになったでしょうか?

これは メッセージ 15356 yukitanhanatan さんに対する返信です


 Re: 観念上の日本人

2007/ 2/ 4 12:58 [ No.15364 / 17395 ] 
投稿者 :  take_8591  
 
>国際法学者である芹田氏の論文はお読みになったでしょうか?
 難しい本は読めません。だから、裁判でハッキリして下さい。

>国際法を重視するなら
 法律というのは、紛争を解決するためにあるのだと思います。

>国際関係を重視するなら、ICJを云々する時ではありません。
 ご指摘のURL記事の前段は、日韓関係を重視するなら、裁判による解決を避けようという識者の意見が引用されていると捉えました。
 しかし、韓国が竹島を武装占拠してから半世紀以上が過ぎ、韓国政府が反日感情を政策に取り込む必要性も無くなった(無くさなければならない)のですから、裁判による解決をするべき時期に達したと考えます。

>国際司法裁判所については下記にすでに書いたとおりですが、
 ご指摘のURL記事の後半は、「外一島=松島」との文書がでたので、外務省は裁判による解決を避けている。旨の内容でした。
 しかし、「外一島=松島」というのは一部の人々が強弁しているに過ぎず、明治外務官僚の渡辺洪基以来「外一島not=松島」を採っているようです。
 そして、予想される裁判の争点は、サンフランシスコ講和条約の解釈であり、1905年における朝鮮領有の証拠の存否ですから、裁判による決着が必要です。これを韓国が厭うのは分りますが、日本が厭う理由がありません。尚、「外一島」は裁判の争点にはなり得ません。


 追伸:竹島考證(下)の文章起こし


 Re: 観念上の日本人

2007/ 2/11 10:19 [ No.15373 / 17395 ] 
投稿者 :  ban_wol_seong  
 
  半月城です。

  take_8591さん、Re:15364
>難しい本は読めません。

  学術書ならともかく、『中央公論』のような一般誌の国際司法裁判所に関係する論文(注1)が読めないのに、あえて国際司法裁判所に云々するとはたいした勇気です。ま、そんな人と対話しても、得るものは何もないような気がします。

(注1)芹田健太郎<竹島を「消す」ことが唯一の解決法だ>『中央公論』2006年11月号,P268
返信  

これは メッセージ 15364 take_8591 さんに対する返信です


 半月城さんの根拠なき御宣託

2007/ 2/14 23:26 [ No.15393 / 17395 ] 
投稿者 :  take_8591  
 
 15364投稿時に、ご指摘の論文が読み得る環境であったことを証明して下さい。
 「芹田氏の論文」ってのは、その数、100を下らないでしょうね。特定されていない論文に対し、(探すのが)難しい本は読めません。とするのは合理性があります。

 当該「芹田氏の論文」が読めない者は、国際司法裁判所に云々することが出来ない旨のご指摘と思われますが、それ程に重要な論文であることを証明して下さい。この様な言い掛かりをつける限りにおいて、「芹田氏の論文」の内容を示す義務は半月城さんにあります。

 ところで、半月城さんは、当該論文をお読みになられたのですか。その様な証拠はありません。読まれていなければ、貴殿は国際司法裁判所を云々することが出来ない筈ですね。速やかに、読まれていたという証拠をお示し下さい。


15362 に次のとおり。 投稿者 :ban_wol_seong
 国際法や国際関係を重視するなら、ICJを云々する時ではありません。国際法学者である芹田氏の論文はお読みになったでしょうか?

15364 に次のとおり。 投稿者 :take_8591
>国際法学者である芹田氏の論文はお読みになったでしょうか?
 難しい本は読めません。だから、裁判でハッキリして下さい。

15373 に次のとおり。 投稿者 :ban_wol_seong
 学術書ならともかく、『中央公論』のような一般誌の国際司法裁判所に関係する論文(注1)が読めないのに、あえて国際司法裁判所に云々するとはたいした勇気です。ま、そんな人と対話しても、得るものは何もないような気がします。
(注1)芹田健太郎<竹島を「消す」ことが唯一の解決法だ>『中央公論』2006年11月号,P268

これは メッセージ 15373 ban_wol_seong さんに対する返信です


 Re: 半月城さんの根拠なき御宣託

2007/ 2/15 10:45 [ No.15394 / 17395 ] 
投稿者 :  Am_I_AHO_1st  
 
 確かに、半月城氏は中央公論に掲載された「芹田氏の論文」に言及はしてませんでしたね。
 ケアレスミスでしょう。

 この問題に携わる者が読んでて当然とみなして省略したのでしょうけれども、頭に血を上らせて追求する前に、ご自身の不勉強も反省されては如何か。
 大した問題でも無かろうに。ICJについては、強情を張って認めたがらない者も大勢おられるようですが、既に議論の決着はついています。
 そもそも国際法を云々する者が、一般国際法に優先して遵守すべき二国間条約(条約たる協定を含む)を蔑ろにして、一般国際法である国際司法裁判しか解決方法はないなどと恥知らずな主張をしてはならんのです。
 ヘンポコ君らも強情を張ってはおりますが、内心は判って居るはずです。

これは メッセージ 15393 take_8591 さんに対する返信です


 Re: 半月城さんの根拠なき御宣託

2007/ 2/15 11:07 [ No.15396 / 17395 ] 
投稿者 :  husenoyaji  
 
>そもそも国際法を云々する者が、一般国際法に優先して遵守すべき二国間条約(条約たる協定を含む)を蔑ろにして、一般国際法である国際司法裁判しか解決方法はないなどと恥知らずな主張をしてはならんのです

こんにちは、その二国間条約そのものが共通理解でない。
それはさておき、二国間条約が優先するのも、国際法ではないんですか?
だから、国際司法裁判所でもむしろ簡単に決着がつくのではないですか?
国際法は詳しくありませんので、単に常識でそう推測するのですが。

これは メッセージ 15394 Am_I_AHO_1st さんに対する返信です

  • 最終更新:2009-03-09 20:03:00

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード