15421 竹島問題で韓国側主張覆す古地図見つかる

 竹島問題で韓国側主張覆す古地図見つかる

2007/ 2/21 22:13 [ No.15420 / 17395 ] 
投稿者 :  Tanaka_Kunitaka  
 
 日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について、韓国側が自国領とする主張を覆す韓国の古地図が見つかった。二十二日の島根県の「竹島の日」を前に、韓国で竹島問題を研究する米国人のゲーリー・ビーバーズ氏(51)が、山陰中央新報社に投稿した。日本で初めて紹介される地図もあり、専門家も注目している。

 ソウル市の大学で英語教師を務めるビーバーズ氏は、日本政府が竹島を島根県に編入した一九〇五年以前、韓国の文書や地図に独島の表記がなく、韓国側が独島の古名は古文献や古地図に記されている「于山島」と主張していることに着目。

 その上で、韓国側の領土説の根拠を覆すことを証明した資料として寄せたのが、竹島の北西九十二キロに位置する韓国・鬱陵島を描いたソウル大学奎章閣が所蔵する古地図の三枚。

 このうち年代不詳の地図では、鬱陵島の東側に描かれた小島に「所謂(いわゆる)于山島」「海長竹田」と書かれている。「海長」は竹の種類を指すとみられ、于山島は竹が生えない不毛の岩の塊の独島ではないと指摘した。

 一八三四年の地図については、韓国の距離の単位である十韓国里(一里は〇・四キロ)の目盛りがあることに着目。于山島を示す「于山」は鬱陵島の東岸四キロで、距離的に独島ではなく、鬱陵島の付属島の竹嶼とした。

 竹島問題に詳しい国立国会図書館の塚本孝参事は「韓国在住者ならではの調査に基づく新たな発見を含んでいる。特に『海長竹田』と書かれた地図は、于山が独島でない証拠として貴重」と評価した。

 ビーバーズ氏は、「竹島の日」条例制定を機に韓国国内で反日感情が高まったことに疑問を抱き、竹島問題を研究。インターネット上で成果を発表している。



私のHPが完成次第、ビーバーズ氏に英語翻訳の校正をしていただこうと思います。話変わりますが、明日は「竹島の日」ですね。フリーランスなら行けますが、しがない会社員は行けません。タイゾー先生的に言えば私は平リーマンです。


 Re: 竹島問題で韓国側主張覆す古地図見つか

2007/ 2/21 23:22 [ No.15421 / 17395 ] 
投稿者 :  take_8591  
 
山陰中央新報の地図について、少し大きめの地図を下記で見ることができます。
* Re: 竹島問題で韓国側主張覆す古地図見つか [#w8b681b9]
 2007/ 2/21 23:50 [ No.15422 / 17395 ] 
投稿者 :  taihenshourai  
 
これは大きな日本の主張を裏付ける資料ですね。

①韓国国内からの発見で、
②日本・韓国の国民以外での発表
※2chで独島表記になって韓国在中という事から親韓では?との情報も。

日本側は、この資料を無視せず役人・学者は直ちに調査して欲しい。
韓国側は・・・ヒステリックにならず、冷静に対応を(笑)

これが竹島問題の平和的な解決の一歩になる事を祈ってます。


 「古地図」報道裏付ける韓国史料発見

2007/ 3/14 14:02 [ No.15469 / 17395 ] 
投稿者 :  take_8591  
 
 日韓両国が領有権を主張する竹島(韓国名・独島)について、古地図から韓国側の主張は覆ったとする米国人英語教師のゲーリー・ビーバーズ氏の主張を裏付ける韓国の史料を、島根県の竹島問題研究会の杉原隆副座長らが見つけた。

 史料は、竹島から92キロ離れた韓国・鬱陵島の調査に朝鮮王朝から派遣された使者が、調査の概要を記した1694年作成の「蔚陵島事蹟」。「東方約五里に小さな島があるが、高大ではなく海長竹が一面に生えている」と記されていた。

 朝鮮の「里」は約400メートルを示し、5里は2キロ。記述から、小さな島は位置的に、鬱陵島の東側2キロに位置する竹嶼(ちくしょ)に相当し、海長という種類の竹が生えていたのが分かる。

 竹島問題を研究するビーバーズ氏は、ソウル大学奎章閣所蔵の古地図に、鬱陵島の東側の小島に韓国側が独島の古名とする「于山島」と「海長竹田」の表記があり、于山島は竹の生えない岩の塊の独島ではないと指摘。日本側の主張を支持した。

 杉原副座長は「ビーバーズ氏の指摘する小島も竹嶼と見て間違いない。朝鮮王朝は調査に基づき、鬱陵島の地理をほぼ正確に把握しており、于山島とする島に竹が生えていたことは明白で、于山島が独島ではないことが裏付けられた」とした。

 ビーバーズ氏の研究成果を紹介した本紙記事をめぐっては、韓国の歴史研究財団が「伝聞を基に描かれたもの」と、地図の信ぴょう性を否定することで反論。ビーバーズ氏はホームページで「財団の指摘は論点のすり替え」と反論している。


山陰中央新報記事 URL
使用画像の拡大版 URL


 張漢相が見た竹島

2007/ 3/14 14:49 [ No.15470 / 17395 ] 
投稿者 :  take_8591  
 
 山陰中央新報記事に掲載されている画像の
 日本語訳は半月城さんのHPにあります。
  -----------------------
  (鬱陵島)東側五里(2km)ほどに一つの小さな島があるが、高大ではなく海長竹が一面に叢生している。雨が晴れ霧の深い日、山に入って中峰に登ると南北の両峰が見上げるばかりに高く向かい合っているがこれを三峰という。西側を眺めると大関嶺のくねくねとした姿が見え、東側を眺めると海の中に一つの島がみえるが、はるかに辰方に位置して、その大きさは蔚島の三分の一未満で(距離は)三百余里(120km)に過ぎない。
  -----------------------
 張氏は、どこから竹島を見たのか。それは、鬱陵島or竹嶼?
 張氏は、いつ竹島を見たのか。それは、雨が晴れ霧の深い日or晴れた日?
 これは同時に、『世宗実録』文理解釈への疑問です。

 又、半島と鬱陵島の距離は約300里ですから、半島から見た鬱陵島の1/3の大きさというのは、張の同時代人にとって識別可能な大きさであり、現代人に判断可能な大きさです。すると、張氏が見たのはその大きさから竹島ではありませんから、「はるかに辰方に位置して、その大きさは蔚島の三分の一」「(距離は)三百余里」というのは、明らかに虚偽、想像の産物といえます。


 Re: 竹島問題で韓国側主張覆す古地図見つか

2007/ 2/22 4:03 [ No.15423 / 17395 ] 
投稿者 :  yabutarou01  
 

   「海長竹田所謂于山島」の地図についてはすでに私が去年の六月にここの掲示板で紹介しています。

  
    
    「鬱陵島圖形」の于山島付近の形状を他の鬱陵島地図と比較してみました。
 

  

  • 最終更新:2009-03-09 20:19:21

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード