16100 竹島=独島は固有領土か、強奪領土か

16100 竹島=独島は固有領土か、強奪領土か1

2008/ 1/ 7 21:45 [ No.16100 / 17345 ]
投稿者 : ban_wol_seong


  半月城です。雑誌『もう一つの世界』第12号から転載します。


竹島=独島は固有領土か、強奪領土か

 はじめに


  竹島=独島問題は日韓間に突きささったトゲのようなもので、事あるごとに両国の民族心を刺激し、過去にはそれが高じて銃撃戦にまで発展したこともありました。一昨年も竹島=独島周辺の調査船問題がこじれて、一時は日韓両国の警備艇同士が衝突する事態も懸念されたほどでした。
もともと竹島=独島問題の根は深く、日韓両国が正反対の見解で角突き合わせているだけに、今後も同じような騒動が繰り返される恐れがあります。昨年も韓国の盧武鉉(ノ・ムヒョン)大統領は対日政策に関する異例の特別談話を発表し、竹島=独島問題は「日本が朝鮮半島の侵略で最初に奪い去った歴史の土地だ」と述べ、激しく日本を非難しました。
  これに対する日本政府も一歩も後へ引かないようです。その核になっているのは、半世紀以上も外務省が言いつづけてきた「竹島は日本の固有領土」という主張です。このように日韓両国は竹島=独島の歴史を根拠に強硬な主張を繰り返していますが、その割には竹島=独島の歴史が、特に日本ではよく知られていないのが現状です。そこで、この稿では主に歴史に重点をおき、江戸時代から明治時代を概観することにします。


 江戸時代の竹島=独島領有意識


日本政府が竹島=独島を日本の固有領土とする根拠は時代とともに変化してきたのですが、その詳細は省き、最近の主張を同省のホームページにみることにします。竹島=独島を固有領土とする根拠として下記の3項目を掲げました。

(1)竹島の認知
今日の竹島は、我が国では明治時代の初め頃までは「松島」の名前で呼ばれており、当時「竹島」(または「磯竹島」)と呼ばれていたのは、現在の鬱陵島のことでした。しかし、我が国が、古くから「竹島」や「松島」をよく認知していたことは、多くの文献や地図等により明白です。

(2)竹島の領有
我が国は、遅くとも江戸時代初期にあたる17世紀半ばには、竹島の領有権を確立していたと考えられます。この当時、鳥取藩米子の大谷・村川両家は、鬱陵島への渡海を幕府から公認され、交互に毎年1回、同島に渡海して漁労や竹木の伐採等を行うとともに、これによって得られた鮑(あわび)を幕府に献上してきました。この間、今日の竹島は、鬱陵島への渡海の船がかりの地として、また、漁採地として利用されていました。

(3)鬱陵島への渡海禁止
 大谷・村川両家による鬱陵島の開発は約70年間平穏に続けられていました。しかし、1692年に村川家が、また、1693年に大谷家が鬱陵島に出向くと、多数の朝鮮人が鬱陵島において漁採に従事しているのに遭遇しました。これを契機に、日本と朝鮮の政府間で鬱陵島の領有権を巡る交渉が開始されましたが、最終的に幕府は、1696年1月、鬱陵島への渡海を禁止することとしました(いわゆる「竹島一件」)。ただし、竹島への渡航は禁じませんでした。
(つづく)

返信


これは メッセージ 1 ritiarno さんに対する返信です


16101 竹島=独島は固有領土か、強奪領土か2
2008/ 1/ 7 21:47 [ No.16101 / 17345 ]
投稿者 : ban_wol_seong


  日本が竹島や松島をいかによく知っていようとも、それだけでその地が日本領になるわけではありません。また、その地で頻繁に漁労や竹木の伐採等を行なうことは、もしその地が外国領であれば、その行為は密漁ないしは略奪行為であり、許されるものではありません。欝陵島がその典型例でした。
 1620年、江戸幕府は対馬藩に命じて、竹島(欝陵島)で密貿易を行なっていた弥左衛門・仁右衛門親子を「潜商」の罪で捕えました。そのことが幕府の外交資料集である『通航一覧』に記されましたが、その記事において欝陵島は「竹島、朝鮮国属島」と記述されました。幕府は竹島を明確に朝鮮領と認識していたのでした。

 それにもかかわらず、幕府は「潜商事件」の5年後、外務省が説明するように、竹島への渡海免許を鳥取藩の大谷・村川両家に与えました。幕府に竹島奪取の意図があったのかどうか疑われるところです。このように幕府や対馬藩が朝鮮領と考えていた竹島へ大谷・村川両家が出漁したのですから、朝鮮漁民との「遭遇」は必然でした。
 元禄期の1693年、二度目の遭遇を契機に、幕府は朝鮮との通商をまかせていた対馬藩に対し、竹島へ朝鮮人が渡海しないように朝鮮へ要求する交渉を命じました。外務省のホームページに述べられた「竹島一件」の始まりですが、これは無理難題でした。朝鮮領である欝陵島へ朝鮮人の渡海を禁じるという途方もない要求だっただけに、朝鮮が受けいれるはずがありません。交渉はたちまち暗礁に乗りあげました。

 その時になって、幕府はやっと竹島問題を本格的に調査し始めました。まず、鳥取藩へ7か条の問い合わせをおこないました。その第1条を意訳すると「因州、伯州に付属する竹島はいつのころから両国の付属か?」となります。当時の幕府は、竹島が因伯両国を支配する鳥取藩の所属と思いこんでいたようです。
 しかるに、鳥取藩の回答は「竹島は因幡、伯耆の付属ではありません」として自藩領ではないことを明言しました。そもそも、竹島への渡海許可は鳥取藩主によるものではなく、幕府の老中4人が連署した奉書によってなされたので、鳥取藩の回答は当然でした。

 幕府は、他に竹島の大きさや渡海の実情などを尋ねましたが、注目されるのは第7条の「竹島の他に両国へ付属の島はあるか?」との質問です。これに対する鳥取藩の回答は「竹島や松島、その他、両国に付属する島はありません」として、松島(竹島=独島)も鳥取藩の付属でないことを明言しました。実はこの時、幕府は松島の存在を知らなかったのでした。幕府は回答書に松島の名が登場したことに関心を示し、追加質問をおこなったくらいでした。

  外務省のホームページは、欝陵島への渡航禁止後も松島への「渡航は禁じませんでした」と記しましたが、これは明らかに我田引水です。竹島が鳥取藩所属でない、ひいては日本領でないという理由で同島への渡海を禁止したのですから、同じく鳥取藩所属でない松島もひいては日本領ではないので、渡海が当然禁止されたとみるべきです。
 さらに当時、松島は竹島と一対ないしは竹島の付属島と考えられており、史料に「竹島近辺松島」「竹島の内松島」などと記されました。そもそも、松島はその名前に反して松の木はおろか、木が1本も生えていない岩の島でした。それにもかかわらず松島と呼ばれたのは、竹島と対をなすという考えから自然に名づけられました。そのため、多くの「地図や文献」で両島は一対に扱われました。しかし、公的な地図や文献で両島が日本領として記載されたことは一度たりともありませんでした。

  地図でいえば、外務省は沈黙していますが、江戸時代に発行された唯一の官撰地図「官版 実測日本地図」に竹島・松島は記述されませんでした。この地図は伊能忠敬の地図を元に作られたのですが、伊能図にも竹島・松島はありません。官撰地図や官撰絵図からも江戸幕府は竹島=独島を日本領と認識していなかったことがわかります。
(つづく)

返信


これは メッセージ 16100 ban_wol_seong さんに対する返信です


16102 竹島=独島は固有領土か、強奪領土か3
2008/ 1/ 7 21:52 [ No.16102 / 17345 ]
投稿者 : ban_wol_seong


 朝鮮王朝の竹島=独島領有意識


 朝鮮では古くから朝鮮の東海に二島あることが知られていました。二島とは欝陵島と于山島ですが、欝陵島は時には武陵島、蔚陵島など様々な名前で呼ばれました。両島は15世紀の官撰地理誌である『世宗実録』地理志にこう記されました。

 于山と武陵の二島が県の真東の海中にある。お互いに遠くなく、風日が清明であれば望見することができる。新羅の時に于山国と称した。一説に欝陵島と云う。その地の大きさは百里という。

  欝陵島近辺には無数の岩や島がありますが、天候が清明の時にだけ望見できる島は竹島=独島しかありません。したがって、この文章における于山島は竹島=独島とみることができますが、その位置や大きさなどは記載されませんでした。
 さらに、当時の欝陵島には倭寇などを避けるために空島政策がしかれ、渡海が禁じられていました。そのため、于山島の認識はあいまいで、いわば書物の上だけの観念的な存在でした。

  ところが、1696年に一大転機が訪れました。韓国で英雄とされる漁民の安龍福が鳥取藩へやって来ました。かれは、3年前に欝陵島で日本の大谷船により拉致されたことがありましたが、今度はみずから来日しました。その目的は鳥取藩への訴訟であり、朝鮮の官吏を装って、船に「朝欝両島 監税将 臣 安同知騎」と書いた旗を立ててやって来ました。
 旗の意味を日本では「朝鮮の欝陵、子山両島の監税将、臣、安同知が乗務」と解されました。子山は于山島であり、同知は職名です。この時の安龍福は訴訟のために「朝鮮八道の図」まで用意しました。その地図で欝陵島と子山島が朝鮮の江原道に属するとされました。
 しかも欝陵島は日本でいう竹島、子山島は松島であり、両島は朝鮮領であるとされました。この事件は、鳥取藩のみならず、幕府や対馬藩に衝撃を与えました。紆余曲折の末、対馬藩は当初の主張とは逆に日本人の渡海禁止を朝鮮へ伝達して「竹島一件」交渉を終結させました。

 この安龍福の第2次渡日事件により、朝鮮の官撰史書である『東国文献備考』や『萬機要覧』などに「欝陵、于山は皆于山国の地、于山はすなわち倭がいうところの松島なり」と記されるようになり、于山島に対する領有意識が確立しました。
 しかし、離島に対する空島政策がその後も継続されたため、于山島の存在は次第にあやふやになり、1900年の勅令41号では于山島の名が消え、竹島=独島は石島とされました。その詳細は文末の参考書に譲ることにします。
(つづく)

返信


これは メッセージ 16101 ban_wol_seong さんに対する返信です


16105 竹島=独島は固有領土か、強奪領土か4
2008/ 1/ 7 22:16 [ No.16105 / 17345 ]
投稿者 : ban_wol_seong


 明治時代の「竹島外一島」版図外確認


 かつて奈良時代に全国の風土記が作成されましたが、それに匹敵する本格的な地理誌が明治初年に発刊されました。刊行は、明治時代の国家最高機関である太政官に付属した正院地誌課およびそれを引き継いだ内務省地理局によってなされました。その『日本地誌提要』は、竹島・松島を「隠岐」条にてこう記しました。
 
  ○本州の属島。知夫郡45。海士郡16。周吉郡75。穩地郡43。合計179。これを総称して隠岐の小島という。
  ○また、西北にあたり松島・竹島の2島がある。土俗が伝えている。穩地郡の福浦港から松島に至る。海路はおよそ69里35町(275km)。竹島に至る。海路およそ100里4町(393km)。朝鮮に至る海路およそ136里30町(537.3km)。
  
  このように官撰地誌において竹島・松島が本州の属島外とされましたが、これは重要です。明治政府が両島を日本の領土外と断定したことを意味します。明治時代の地理学者である田中阿歌麻呂もそのように理解して『地学雑誌』200号にこう記しました。

 「明治初年に到り、正院地誌課にてその島(竹島=独島)が本邦の領有を完全に非認したので、その後の出版された多くの地図はその所在を示さないようである。明治八年 文部省出版 宮本三平氏の日本帝国全図にはこれを載せても、帝国の領土外に置き塗色せず」

 明治政府は、竹島・松島を日本の領土外とする方針をその後も一貫して堅持しました。その一例として明治政府の地籍編纂事業をあげることができます。明治10(1877)年、竹島(欝陵島)の地籍が問題になった時に内務省は元禄期の「竹島一件」を考慮し、竹島外一島を日本の領土外と判断しました。
 ここにいう「外一島」が松島(竹島=独島)をさすことは、島根県からの伺書「日本海内 竹島外一島 地籍編纂方伺」に添付された資料から明白です。そこにこう記されました。

 次に一島あり。松島と呼ぶ。周囲30町(3.3km)である。竹島と同じ船路にある。隠岐をへだてる80里(320km)ばかりである。樹木や竹は稀である。また、魚や獣(アシカか)を産する。

 また、島根県からの伺い書に「磯竹島略図」が添付されましたが、そこに描かれた松島を見ても同島が竹島=独島を指すのは明らかです。内務省は「領土の取捨は国家の重大事」との認識から念のために太政官の裁可を仰ぐべく「日本海内 竹島外一島 地籍編纂方伺」を太政官へ提出しました。これは難なく承認され、竹島・松島を日本の領土外とする太政官の指令が出されました。
 この決定にしたがい、国土担当機関である内務省を始め、政府機関は地図において竹島=独島を日本の領土外として扱いました。それらの一覧は下記の通りです。

1.内務省(1879)、「大日本府縣管轄圖」、竹島・松島なし
2.内務省(1880)、「大日本國全圖」、  竹島・松島なし
3.内務省(1881)、『大日本府縣分轄圖』、各府県図に竹島・松島なし
(極東図の「大日本全国略図」改訂版で竹島・松島は無彩色)
4.陸軍参謀局(1877)、「大日本全圖」、竹島・松島なし。
5.陸軍陸地測量部(1885)、「輯製二十万分一圖一覧表」、松島はなし。竹島は島名がなく、点線表示。
6.文部省(1877)、「日本帝國全圖」、竹島・松島は無彩色

  これらの地図で竹島=独島はまったく記載されないか、あるいは描かれても日本領外として無彩色にされました。この認識は海軍でも同様でした。水路部は竹島=独島を『日本水路誌』には載せず、『朝鮮水路誌』にリアンコールト列岩の名で記載しました。
 また、外務省の認識も同様で、明治初年の『朝鮮国 交際始末 内探書』において「竹島松島 朝鮮付属に相成候 始末」とする報告書を作成しました。このように明治政府のすべての機関が、竹島=独島を朝鮮領と考えていたといっても過言ではありません。このような事実に対して、外務省は一切沈黙したままです。これは一種の情報隠しといえます。
(つづく)

返信


これは メッセージ 16102 ban_wol_seong さんに対する返信です


16106 竹島=独島は固有領土か、強奪領土か5
2008/ 1/ 7 22:17 [ No.16106 / 17345 ]
投稿者 : ban_wol_seong


 日本の「竹島領土編入」


 帝国主義国家として著しい発展を遂げた日本帝国は、朝鮮や満州における勢力圏確保をめぐってロシアと対立するようになり、1904年2月、旅順のロシア艦隊に奇襲攻撃をかけて日露戦争を始めました。
 しかし、初期の戦況は日本に不利でした。特に日本海では日本の輸送船がウラジオ艦隊に次々と沈められ、軍需物資の補給に支障をきたしていました。そのため、日本海における軍事施設の強化が急務であり、欝陵島や竹島=独島は重要な軍事上のキーストーンとして浮かびあがりました。

 そうした折、隠岐に住む中井養三郎はリヤンコ島(竹島=独島)におけるアシカ猟の独占を図り「リヤンコ島領土編入ならびに貸下願」を政府に提出しました。しかし、これには内務省が反対しました。
 かつて同省は竹島=独島を版図外とする太政官指令を受けていただけに、願書に対して「この時局に際し、韓国領地の疑ある莫荒たる一箇不毛の岩礁を収めて、環視の諸外国に我国が韓国併呑の野心あることの疑を大ならしむ」として願書を一旦は却下しました。

 しかし、外務省の考えは違っていました。政務局長の山座円二郎は「時局なればこそ、その領土編入を急要とするなり。望楼を建築し、無線もしくは海底電信を設置せば、敵艦監視上きわめて屈竟ならずや。特に外交上、内務のごとき顧慮を要することなし。すべからく速やかに願書を本省に回付せしむべし」として中井を督促しました。
 この時期、日本は日英同盟や桂タフト条約を締結しており、もはや朝鮮問題で西欧列強に神経を使う必要がなかったのでした。日本は帝国主義国家の本性のままに領土拡張の牙をむきだしにしたのでした。この外務省の論理に内務省も従い、1905年2月、リヤンコ島を日本領へ編入することを閣議決定しました。

 日本政府が竹島=独島を領土編入した論理ですが、それは「無主地」であるリアンコ島に中井が1903年以来「移住」したので、これを国際法上の占領と認めて日本の領土に編入したというものでした。
 しかし、この論理には無理があります。まず、竹島=独島は民間人が居住できるような島ではなかったし、また中井が竹島=独島に本格的に居住した事実もありませんでした。
 それにも増して重要なのは、それまで日本政府が朝鮮領と考えていたリアンコ島を無主地と判断したことです。かつて明治政府は、内務省や外務省、海軍、太政官など関係機関が同島を朝鮮領と考えていましたが、その判断を根本的に覆すものでした。

  閣議決定後、領土編入は政府内で秘密裏に処理されました。官報による告示もなく、わずかに政府の訓令を受けた島根県が県告示で関係者に公表したにとどまりました。同県は2月22日、県告示四〇号で同島を竹島と命名し、隠岐島司の所管にすると公示しました。
 このように日本の竹島=独島編入は政府レベルで秘密裏になされたので、日本国民はその事実をほとんど知らずにいました。それどころか主要なマスコミすら知らずにいました。告示から三か月以上たった五月三十日、日本海海戦の勝利を伝えるほとんどの新聞は「竹島」の名前を用いずに、外国名の「リアンコールド岩」という名で報道しました。
 はなはだしくは、海軍省や官報ですら「竹島」でなく「リアンコールド岩」の名を使用していました。これは水路部を擁し、国境について熟知しているはずの海軍省においてすら「竹島」編入の事実が周知徹底していなかったようです。また、地元の山陰新聞は県告示を「隠岐の新島」という見だしで小さく報道しました。地元でも固有領土の意識は皆無だったようです。

 おわりに


 日本は江戸、明治時代をとおして竹島=独島の領有を確認したことは一度たりともありませんでした。それどころか、元禄期および明治10年の二回にわたり、竹島=独島を朝鮮と関連づけて幕府や太政官は日本の領土ではないと判断したのでした。
 その後、帝国主義国家として発展した日本は、日露戦争のさなか「時局なればこそ、その領土編入を急要とするなり」との判断から竹島=独島の領土編入を閣議決定しました。
 その際の口実は、竹島=独島は「無主地」であるというものでした。これは現在の外務省が主張する「固有領土」説と相いれないことはいうまでもありません。

参考書;内藤正中・朴炳渉『竹島=独島論争』新幹社、2007


返信


これは メッセージ 16105 ban_wol_seong さんに対する返信です

  • 最終更新:2009-03-03 07:00:10

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード