17349 戦勝国の一方的な領土処分は合法か?

戦勝国の一方的な領土処分は合法か?

2009/ 2/21 15:19 [ No.17349 / 17379 ] 
投稿者 :  henchin_pokoider01  
 

SCAPINが領土処分でないことは本文にかかれているけど、もし占領中に連合国が一方的な領土処分をしたとしてもそれは違法性のあるものであり、講和条約等によって法的治癒がなされなければならない。

PRINCIPLES OF PUBLIC INTERNATIONAL LAW by Ian Brownlie
P130-132
ROOTS OF TITLE
(e) Disposition by joint decision of the principal powers
After the defeat of the Central Powers in the First World War, and the Axis Powers in the Second World War, the leading victor states assumed a power of disposition, to the exercised jointly, over the territory of the defeated states. In the years 1919 and 1920 decisions were taken by the Supreme Council of Allied and Associated States; in 1943 and 1945 by meetings of leaders at Tehran, Yalta, and Potsdam, and subsequently by meetings of Foreign Ministers, States losing territory as a consequence of dispositions in this wise might, and often did, renounce title by the provisions of a peace treaty to the areas concerned, but the dispositions were usually in possession prior to the coming into force of a peace treaty. The existence of this power of disposition or assignment is recognized by jurists, but they find it difficult to suggest, or to agree upon, a satisfactory legal basis for it. Some translate political realities into legal forms by supposing that the community of states has delegated such a power to the ‘principal’ or ‘great’ powers. Others, at least in relation to the Second World War, postulate a right to impose measures of security, which may include frontier changes, on an aggressor consequent on his defeat in a war of collective defence and sanction.
Much turns on the extent to which recognition and acquiescence may counteract any elements of illegality which may infect such procedures in some cases. Disposition of the kind normally are recognized by multilateral peace treaty or otherwise. In same cases, for example, the Geneva Conference of 1954, in regard to Indo-China, the express delegation of power prior to agreed disposition of territory ensures that a certain number of states are bound to accept the results of procedure.

機械訳

イアンブラウンリーによる国際法の原理

P130-132

タイトルの起源

(e)主要な力Afterの共同の決定による性質は、第一次世界大戦の同盟国の敗北と共同で訓練するもの、破られた国准州の上に、への第二次世界大戦(性質の力とみなされる主要な勝者国)のAxisパワーズです。年には、1919年と1920年の決定は、連合国のおよびAssociatedアメリカの最高評議会によってされました;1943とテヘラン、ヤルタとポツダムのリーダーの会議による、そして、その後外務相(この賢い力で性質の結果として領域を失っているアメリカ)の会議による1945で、そして、しばしばして、捨てます、関係する地域への平和条約の規定によるタイトルは、通常性質以外の平和条約の力に、接近の前に所有においてありました。性質または割当てのこの権限の存在は法律専門家によって認められます、しかし、彼らはそれが提案するか、同意するのが難しいとわかります。そして、満足な法的基礎がそれに賛成です。いくつかは、州のコミュニティがそのような大国を『主要である』か『偉大な』大国に委任したと仮定することによって、政治現実から法的形に変換します。他は、少なくとも第二次世界大戦に関して、総体的な防御と認可の戦争で保安(それはフロンティア変化を含むかもしれません)の計測を彼の敗北の結果として生じる侵略者に強要する権利を仮定します。

多くは、認知と黙認が場合によってはそのような手順に影響を与えるかもしれない不法行為のどんな要素でも打ち消すかもしれない範囲をつけます。種類の配列は、多国間平和条約またはその反対によって通常認められます。インド中国に関する同じケース(たとえば1954年のジュネーブ会議)では、領土の同意された配置より前の力の明らかな代表派遣団は、特定の数の州が手順の結果に順応するにちがいないことを確実とします。

  • 最終更新:2009-02-27 04:16:23

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード