a16620 「欝陵之東島嶼相望接于倭境」の島は朝鮮領

 「欝陵之東島嶼相望接于倭境」の島は朝鮮領

2008/ 5/19 23:11 [ No.16569 / 17395 ] 
投稿者 :  ararenotomo1  
 
1714年の江原道御史趙錫命の上記報告にある「接于倭境」を、Gerry Bevers氏は自己のブログで“that (an island) links to (or is on) the border of Japan”と英訳し、この島を日本領としました。これは、直ちにdokdo-takeshima.com氏によって、「接」はこの場合“being near, bordering or adjacent to”と訳すべきで、この島は日本領ではない、と反論され、Bevers氏は沈黙してしまいました。

私もcommentを送りましたが、掲示されなかったので、ここに書きます。


Gerry Beversさん

大変興味深い韓国資料の紹介に感謝しています。
I thank for your introducing very interesting Korean articles.

“the 1714 passage”について、「欝陵之東島嶼相望接于倭境」を“Visible to the east of Ulleung is an island that links to (or is on) the border of Japan.”と訳したのは、一部は正しく、一部は間違っていると思います。

I think 「欝陵之東島嶼相望」“visible to the east of Ulleung is an island” is correct, but “that links to (or is on) the border of Japan” is incorrect. 「接于倭境」 does not mean “links to (or is on) the border of Japan”. The character 「接」 means to “connect”, “join”, or “touch”. But I think 「接于倭境」 should be translated as “adjacent to the border of Japan”, as dokdo-takeshima.com says.

林羅山『本朝地理志略』(1643)の「陸奥國」条に、「蝦夷島」は「與匈奴相接」と書かれています。この記述をGerry Beversさんのように解釈すれば、「蝦夷島」に「匈奴」があるということになりますが、事実は違います。「蝦夷島」の先が「匈奴」です。

If 「蝦夷島與匈奴相接」 described in “Mutsu Province” of “Brief Summary of Japanese Geography” by HAYASHI Razan is translated as “Ezo Island(蝦夷島) links to (or is on) Kyoudo(匈奴)”, it means “Kyoudo” extends up to “Ezo Island”. That is not the case. “Kyoudo” is beyond “Ezo Island”.

「欝陵之東島嶼相望」についてはGerry Beversさんの解釈が正しいと思います。「望」は「遠くをみる」の意味がありますから、この島嶼は遠くのLiancourt Rocksでしょう。

「欝陵之東島嶼相望」“visible to the east of Ulleung is an island” is generally right. 「望」 means to “see in the distance”. Therefore, I am sure the island visible to the far east of Ulleung is Liancourt Rocks.

「欝陵之東島嶼相望接于倭境」は「欝陵ノ東ニ島嶼ヲ相望ム、于(ここ)倭境ト接ス」と読めます。「欝陵島の遥か東に島が見えるが、その島(Liancourt Rocks)の先は倭である」と解釈します。

My Japanese English for 「欝陵之東島嶼相望接于倭境」 is as follows:
“To the far east of Ulleung we can see an island, which is adjacent to the border of Japan”.

The passage in 1714 is evidence that Koreans have recognized Liancourt Rocks as Korean territory.


 Re: 「欝陵之東島嶼相望接于倭境」

2008/ 5/23 23:00 [ No.16620 / 17395 ] 
投稿者 :  yabutarou01  
 

なかなかにもりあがっているようなので、私も久しぶりに書き込んでみたいと思います。



ararenotomo1 さんへ

ararenotomo曰く
>>「欝陵之東島嶼相望接于倭境」は「欝陵ノ東ニ島嶼ヲ相望ム、于(ここ)倭境ト接ス」と読めます。


私にはそのようには読めません。「欝陵ノ東島嶼ヲ相望ミ倭境ト接ス」と読みます。
ararenotomoさんは『于』を『ここ』と読んで欝陵の東にある島嶼を表す代名詞であると解釈されているようですが、大学入試の問題でそのように訳すとバツになってしまうと思います。
『于』は『於』の異体字であって、接している対象が「倭境」であることを示す英語で言うところの前置詞、現代中国語で言うところの介詞に当たる言葉だと思います。
つまり「倭境ト接ス」の「ト」、“adjacent to the border of Japan”の“to”に当たる部分であると解釈すべきではないでしょうか。
ヤフー検索で『接于』を検索するとほぼすべて私の解釈に当てはまっているように思います。

ヤフー検索で『接于』を検索

また一応『于』を『ここ』と読むと仮定してみましょう。となると「于(ここ)倭境ト接ス」の主語は「于」ですよね。
だとすると「接于倭境」ではなく「于接倭境」の語順であるべきであって、主語であるはずの「于」が述語(動詞)である「接」の後ろにくるのは不自然ではないでしょうか。
『于』を『ここ』と読むのは句調を整えるためであって代名詞として使われているわけではないと思います。

『于』の解説


ararenotomo曰く
 >>「欝陵島の遥か東に島が見えるが、その島(Liancourt Rocks)の先は倭である」と解釈します。


私にはそのようには解釈出来ません。「欝陵島の東に島嶼が見え、(欝陵島の東は)倭国との国境に接している」と解釈します。
要するに「島嶼相望」で島嶼を望んでいるのは「欝陵之東」からであって、「接于倭境」で倭境と接しているのもやはり「欝陵之東」であるということです。
この解釈では欝陵島の東方の内、欝陵島と「島嶼」の間に国境があるのか「島嶼」と倭国の間に国境があるのかを判別することができません。
例えば「対馬の北にプサンを望み韓国との国境に接している。」という文章を考えてみましょう。
韓国との国境はプサンと韓国との間にあるのではなく対馬とプサンとの間にあると解釈しても何の問題もありませんね。

ただし例えば「欝陵之東島嶼相望其島接于倭境」のように「接于倭境」の主語が「島嶼」であることを明示した語句(ここでは「其島」)が加わるとどうでしょうか。
これなら欝陵島と「島嶼」の間に倭境があるのではなく「島嶼」と倭国の間に倭境があることを判別することができます。
ararenotomoさんはこのような事情をご存知であるからこそ『于』を『ここ=島嶼=竹島』と解釈して、竹島と日本の間に国境があるかのごとく主張していらっしゃるのではないかと私は推察いたします。


 「欝陵之東島嶼相望接于倭境」の解釈

2008/ 5/29 23:17 [ No.16721 / 17395 ] 
投稿者 :  ararenotomo1  
 

yabutarou01さん

もう私の出る幕ではないと思っていたのですが、いろいろとご教示を頂いたyabutarou01さんが反論を寄せられたので、お答えいたします。

「于」についての講義を有難うございます。ほぼ同感です。

yabutarou01さんは「欝陵之東島嶼相望接于倭境」を「欝陵ノ東島嶼ヲ相望ミ倭境ト接ス」と読んでおられます。

私は「欝陵ノ東ニ島嶼ヲ相望ム、于(ここ)倭境ト接ス」と読みました。せっかく「于」という字を使っているので、それを活かしたまでです。「于」は確かにあまり意味のない言葉ですから、これを略すると「欝陵ノ東ニ島嶼ヲ相望ム、倭境ト接ス」となり、読み方はほとんど同じです。

異なるのはその解釈と思います。yabutarou01さんは「欝陵島の東に島嶼が見え、(欝陵島の東は)倭国との国境に接している」との新しい解釈を示されました。しかし私は、「島嶼」の修飾語に使った「欝陵島の東」を、「(欝陵島の東は)倭国との国境に接している」と今度は主語としたことに疑問を感じます。「倭国との国境に接している」のは、すぐ前にある「島嶼」で、それが主語であることを今まで誰も疑っていません。主語の明確な英語で、Gerry Bevers氏は「欝陵之東島嶼相望接于倭境」を“Visible to the east of Ulleung is an island that is on the border of Japan.”と訳し、「島嶼」が主語です。もっともこの英文は「接」の訳が間違っており、正しくはNo.16569で書いたように、“an island that is adjacent to the border of Japan” です。

ただし、「島嶼相望」を略し、「欝陵之東接于倭境」ならば「欝陵島の東は倭国との国境に接している」で良いでしょう。yabutarou01さんが述べておられるように、「この解釈では欝陵島の東方の内、欝陵島と「島嶼」の間に国境があるのか「島嶼」と倭国の間に国境があるのかを判別することができません。」そこでyabutarou01さんは、「欝陵之東島嶼相望其島接于倭境」と、「其島」を入れれば、「島嶼」と倭国の間に倭境があるとことが判る、とされました。「其島」を入れたのは、「欝陵之東島嶼相望接于倭境」だけでは、「島嶼」と倭国の間に倭境があるとすることは出来ない、と言いたかったのではないかと推察します。

しかし私は、「欝陵之東島嶼相望接于倭境」だけで、yabutarou01さん以外の全ての人が、すぐ前の「島嶼」を主語として、「島嶼ハ倭境ト接ス」と読んでいますから、倭境は「島嶼」と倭国の間にある、としてよいと思います。

yabutarou01さんは、「対馬の北にプサンを望み韓国との国境に接している。」という文章から、「韓国との国境はプサンと韓国との間にあるのではなく対馬とプサンとの間にあると解釈しても何の問題もありませんね。」と述べておられます。そうでしょうか?そう言えるのは、プサンが韓国第二の都市と周知しているからでしょう。

上記の日本語の文章を、「欝陵之東島嶼相望接于倭境」に対応させると「対馬之北釜山相望接于韓国境」となり、「対馬ノ北釜山ヲ相望ミ韓国境ト接ス」と読めます。これは、「欝陵之東島嶼相望接于倭境」の解釈と同様に、「対馬の北に釜山を望み釜山は韓国との国境に接している」と解釈することができます。従って、「韓国との国境はプサンと韓国との間にある」ことになります。

「韓国との国境は対馬とプサンとの間にある」とするには、日本語の文章を「対馬の北にプサンを望み「対馬」は韓国との国境に接している。」とし、漢文を「対馬之北釜山相望対馬接于韓国境」とする必要があるでしょう。

  • 最終更新:2009-03-10 07:05:17

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード